スプリングスレッドでリフトアップが可能|憧れの小顔になろう

プチ整形で顔の悩みを解消

注射されている人

お肌のシワを解消する手軽な手段として今やすっかり定番化しているものに、ヒアルロン酸注射があります。ヒアルロン酸注射は特殊な薬剤を皮下に注入することでお肌にハリをもたせ、シワを目立たなくするというものです。メスなどは使わず注射器1本で効果が望めることから、プチ整形などとも呼ばれています。ヒアルロン酸はもともと身体の中にある物質で、お肌の真皮層や関節の軟骨部分などに多く存在します。実際、加齢などを原因として減少してきた分を補うために、関節痛治療の一環としてヒアルロン酸注射が行われることもあります。さらに最近では、顔のパーツを部分的にボリュームアップさせる場合などにも用いられています。今後は、さらに用途が多様化するものと考えられています。

ヒアルロン酸は非常に高い保水力を持つ物質で、薬剤はネバネバしたジェル状になっています。一方、シワとは皮膚がハリを失ったことでたるみがちとなり、表面に折り目がついた状態をいいます。そこでヒアルロンシャンを皮下に注射してやると、その弾力によって皮膚が内側から押し上げられるため、折り目が伸びてシワが目立たなくなるのです。ヒアルロン酸は最終的には体内に吸収されてなくなってしまいますが、数か月は注入された箇所にとどまって効果を持続させることができます。このヒアルロン酸は製剤方法によって硬さをある程度自由に調整することができます。そのためシワの解消以外にも使われることがあります。たとえば鼻を高くする、顎の先をとがらせる、唇の厚みを増やすといった美容整形術にもヒアルロン酸注射は利用されています。